モテる男 男女 恋愛観 理解

モテる男は男女の恋愛観を理解している

スポンサーリンク

男女の恋愛観を表す「男はわさび 女はからし」という言葉があります。
男性は、一目惚れすることが多いため、口に入れた途端、一気に辛みを感じる山葵に恋愛観が例えられます。
女性は、ゆっくりと徐々に恋愛感情が芽生えるため、後からゆっくりと辛みを感じてくる辛子に恋愛観が例えられます。


男と女という性の違いによって、恋愛観にも違いが現れています。
生物のオスは、自分の子孫を沢山残すため、出来る限り多くのメスと関係を持つように遺伝子にインプットされています。
そのため、メスを外見のみで判断し、好みであれば直ぐに発情できるようになっています。

スポンサーリンク

一方、メスは、数か月間に渡って子供を安全に育てるという役割があります。
しがたって、パートナーを探す際には、獲物をしっかりと確保し、自分と子供を危険からしっかりと守ることのできるオスと関係を持つようになっています。
それゆえ、メスは、オスの外見だけでなく、獲物捕獲能力、危険回避能力、自分や子供への愛情度など内面も加味して、パートナーになれるか否かを判断しています。
つまり、メスは、脳で恋愛をするのです。


女性は、ドキドキとすることによって、徐々に恋愛関係に至るという特徴があります。
ドキドキした状態を脳は、恋愛状態に達したと感じるという特性があるためです。
モテるためには、女性を頻繁にドキドキさせて、脳の判断力に働きかけることが大切です。
つまり、モテる男は、ドキドキを積み重ねていくことが、女性を虜にする最良のテクニックであることを理解しています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加