意中の女性 デートに誘う 技 モテる男

意中の女性をスムーズにデートに誘う技

スポンサーリンク

気になる女性からのメルアドの入手に成功し、順調にメール交換が続いてくると、次のステップに進みたいと思う人は多いことでしょう。
メールの次のステップといえば、デートに誘うのが鉄板です。
デートなしには、恋愛関係に入ることは殆どありません。


昔も今もどれだけの男性が、女性をデートに誘う方法に悩んでいたことでしょう。
しかし、チョットした話術を知っていれば、デートに誘うことは簡単にできてしまいます。
「ダブルバンド」と呼ばれる理論を基に、女性を誘えば高確率で良い返事がもらえます。
コツを覚えれば、誰でも使える技なので、覚えていて損はないでしょう。

スポンサーリンク

ダブルバンドとは、矛盾する2つのメッセージにあるコニュニケーション環境に置かれる状況のことを指します。
例えば、「AとBだったらどちらが好み」という質問を会話にいれます。
すると、相手は質問に対して、否定する回答をすることができず、「A」か「B」で答えなくてはなりません。
このように、相手自身に回答を選ばせることによって、実は、質問者の意図へと行動を促す心理誘導のことをダブルバンドというのです。


恋愛においても、ダブルバンドの心理誘導は有効です。
矛盾する2つの選択しを用意し、自分の目的とする行動へと誘導していくという基本は同じです。
注意すべきことは、女性は、常に男性への警戒心を怠らないということを肝に命じて置くことです。
したっがて、ダイレクトにデートに誘っているということが解ってしまうような単語は使用を避け、会話を進めていくことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加