モテる男 手相

もてる男には、どんな手相があるのか

スポンサーリンク

世の中には、様々な占いが存在していますが、その中でも人気があるのが、手相占いです。
古くから、手に現れる相を見れば、その人の性格や運勢などが分かるといわれてきました。
例を挙げると、恋愛運のいい人たちの手には、共通する同じ相があったりするものです。
では、もてる男の手相には、どのようなものがあるのでしょうか。


まず、手相というのは、手のひらの線のことだけをいうのではありません。
手の爪に、幸運を表す白い点が現れることがあります。
これは、現れる指によって何運が良いのかが異なってきますが、中指の爪に現れた場合は恋愛運がいい状態を表します。
この白い点が出てきてから爪が伸びてしまうまでの期間は、恋人ができたり、もてたりする期間です。

スポンサーリンク

その他のもてる相の例としては、結婚線の状態なども挙げられます。
結婚線とは、小指の付け根の下、手の甲と手のひらの間にある横線のことです。
この線の数が、3本から4本以上ある人は、恋愛の機会も多く、もてる人物だといわれています。
また、親指と人差し指の間から手首に向かって伸びている生命線という線があります。
もし、その生命線から横向きに親指方向に伸びる線あれば、恋愛運が良く、もてる運気がやってきているということです。


しかしながら、もてたいけれども、これらの良い相がない、という場合もあります。
それでも大丈夫です。
手相は、努力や工夫で改善することができるのです。
その方法としては、まず、手をよくマッサージして、手を温めることです。
運気が良くなってくると、その運気を表す手の部位の血色も良くなってくるものだからです。
その他の改善法としては、赤い油性ペンなどで、自分で良い手相を描いてしまうことで、運気が良くすることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加