モテる男 女性 会話 名前

女性との会話では名前を入れて話す

スポンサーリンク

女性との心理的距離を縮める方法として、一般的に行うのは、話しに共感することだと言われています。
確かに、話し好きの女性は、ストレス発散を目的として話しをしていることが多いため、共感することは有効な方法です。
しかし、恋愛関係を結びたいと思っている女性とは、もう少し心理的距離を縮めておきたいと思う男性も少なくないでしょう。


そこで、おススメなのが、さり気なく会話をしている女性の名前を入れて話しをするというテクニックです。
このテクニックは、ホストの間では広く行われているものです。
会話の中に名前を入れると、相手が無意識のうちに親近感を強めるという心理をついたテクニックです。
それゆえ、名前を呼ばれた女性は、男性に好感を持つというメリットがあります。

スポンサーリンク

始めのうちは、苗字や「さん」づけで呼ぶのが自然で、相手の印象も良いです。
しかし、気になる女性と何回か話すようになり、初対面の頃より親しみが感じられるようになったら、呼び方を変えるのがおススメです。
例えば、ニックネームやあだ名、もっと親しくなっているのなら下の名前を呼び捨てにしても良いでしょう。
今までと違う呼び方で呼ばれたというギャップにドキドキ感と、特別な人だとう恋愛心理が働き女心をがっしりと掴みやすいです。


しかし、あまり連続して会話に名前を入れると、違和感を感じやすくなります。
心理学では、10分に1回程度の割合で挿入していくのが、違和感を感じないと言われています。
周囲の男性とは少し違ったアプローチで話しをすれば、恋愛で一歩リードできるかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加